終戦記念日 街頭演説

本日、8月15日は68回目の終戦記念日です。

公明党は全国で毎年、終戦の日に街頭演説を行っています。

戦争ほど残酷で悲惨なものはありません。

平和ほど尊く、大切なものはありません。

私は戦争を知らない世代ですが、平和の尊さは実感しています。

近年、日本が経験した戦争の歴史や広島、長崎の原爆投下の記憶が風化してきているといわれています。

この戦争の記憶を絶対に風化させず、後世に伝えていく事が平和を考えていく上で重要です。

世界では今も、紛争やテロなどで苦しみあえいでいる庶民がいます。

日本は戦後、軍国主義から平和主義への道を進み、復興を果たしてきました。

さらに、世界で唯一の被爆国として平和と核廃絶のリーダーシップをとっていく使命があると思います。

ただ単に、戦争反対を叫ぶだけでなく、「行動する平和主義」をかかげる公明党議員の一人として、今いる立場で平和のためみ出来ることに努力していく決意です。

この8月15日の終戦の日を「平和を誓う日」にしたいと思います。

                             国本ともとし    最新もっともっと!ツイート 

国本ともとしメルマガ「もっともっと通信」の登録はこちらのQRコードからお願いいたします。




ニュース | 公明党

風評払拭へ大きな一歩 (土, 24 2月 2018)
輸入規制撤廃の弾みに WTOが韓国に是正要求 日本産品、安全性周知を 記者会見で井上幹事長
>> 続きを読む

高齢社会対策大綱 多様な生き方、選べるように (土, 24 2月 2018)

>> 続きを読む

“夢ある農業”実現めざす (土, 24 2月 2018)
埼玉で若手関係者と懇談 矢倉氏
>> 続きを読む